« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月30日 (金)

井上ひさし「父と暮せば」 25回目熟成はさらに ラスト2ステージ!!

このところ雨が降ったり止んだりの天気、
先日干していた洗濯物が全部雨に打たれてやり直しに・・・。
布団を干すタイミングはかなり難しいですね。

25日の公演は、場と場の間に流している転換の音楽を作ってくれた斎藤美香さんが東京から来てくれました。

前田は演出するときに、劇中に音楽を用いて悲しませたり、感動させたりすることを避けています。
その人物の心の動きや状態をどう感じるかはお客様それぞれに委ねたい。
役者も音楽に頼らずに芝居だけで伝えたい。

しかし転換の間はどうしても音楽が必要。
舞台部にとって大道具、小道具の移動、役者は衣装の着替えなどをやる時間であり、
お客さまにとっては今観ていた場から次の場への気持ちの切り替え、準備をする時間です。

だから美香さんには前場の終わりの役者のトーンと次の場の役者のトーンを伝え、
そこを転換にかかるであろう時間を指定して作曲をお願い。
かなりわがままな要求だったのですが、見事に作ってくれました。

斎藤美香さんは東京で活躍中のピアニストで、BSフジ「ミドリのドレミ」ホームバンド、
「ウーマン・イン・ホワイト」などホリプロ制作のミュージカル稽古伴奏の仕事もしており、
彼女のリサイタルは最高の感動を届けてくれます。

転換の音楽、ちょっと意識して聞いてみてくださいね。


さて、なまはげランチの内容は、今回未定。

なので、これまでのランチの写真を見ながら内容を振り返り、
次回ランチのイメージを膨らませてください。

001


002


003


004


005


006


007


008


009


Img01


Img02


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月23日 (金)

のこり3ステージ 井上ひさし「父と暮せば」 24回目の熟成

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

ロングランもいよいよ大詰め、残すところ3ステージです。

去年の12月から今のキャスティングでロングランを続け、次回が24ステージ目になりますね。

途中で七ヶ浜公演、秋田市公演、仙台文学館公演、何回か旅をしながらやってきました。

大きな劇場ではなく、こちらから街中へ、お店へ持ち入って公演を打つ。

リーディングなどはやっているところもありますが、うちはバリバリの芝居公演。

お客様は皆、どんな演出になるのか???状態でいらっしゃいますが、
観劇の後は大劇場で観る以上の迫力や感動をもって帰られます。

また来ます、友人を誘って、子どもを誘って、親を誘ってまた観に来ますと言って本当に来て下さる。
これ以上の喜びは無いですね。ありがとうございます。


口コミや新聞の劇評の効果もあり、当日予約なしでいらっしゃるお客様が増えてきました。
お料理の準備のことあもります。
予約をしていただけると確実に観劇出来ますよ。
よろしくお願いいたします。

予約フォームへはこのブログ左上から入れます。


さて、25日のなまはげのランチは?

最近の暑さで市場に入る魚が安定していない様子。
ですので、

25日は 来てのお楽しみランチ!!

イメージの写真をのせておきます。
ちなみにう巻き卵は大評判なので、これは確実に付くそうです。
これおいしいですよ、ほんと。是非!!


イメージです。
Img_1

魚は何になるのか?
Photo

鰻を巻いた う巻き卵
Photo_3

さらだ
Photo_4

あきたこまち 炊きたてのツヤツヤ
Photo_5

きりたんぽ汁
Photo_8

がっことちょろぎ
Photo_7

他に何か小鉢が付くと思われます。

お酒もたくさんありますから、お昼から飲むのもいいんじゃない?

02

皆様のご来場をお待ちしております。  前田有作

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月16日 (金)

残り4ステージ 大好評の井上ひさし「父と暮せば」 18日の豪華ランチは?

いつも前田のブログを見ていただきありがとうございます。

11日の舞台はお客様の息遣いが伝わってきて、
役者も色々な手ごたえ、発見があったステージでした。

劇団LGTのなまはげでの公演では、芝居の後、ランチが出るのです。

私たち役者・スタッフも失礼して、
舞台の上で使っていたちゃぶ台を使ってお客様と一緒にランチを食べるのですが、
何組かのお客様が芝居の感激を伝えに来てくださって、とても嬉しかったです。

こっちももぐもぐしながら「ありがとうございました」となってしまい失礼しました。

前田は午後1時20分ぐらいから賄いを食べ始め、
午後2時からは劇団ひまわり仙台エクステンションスタジオでのレッスンの仕事があるのです。
ですので、それはもぅ急いでかき込んで・・・車で移動・・・
この日はレッスンが休みでした。

初めてゆっくり食べました、なまはげランチを。美味かったですねー。

なまはげは、夜のつまみも美味しいですが、
御膳は絶品、大満足でした。

なまはげのランチは、LGTの芝居の時にしか食べられませんので、是非いらしてくださいね。


金浦町で獲れた艶やか きすの天婦羅御膳
Photo

金浦町で獲れた艶やかな鱚 敢えて生で撮影してます
Photo_2

鰻を地鶏卵で巻いた う巻き卵
Photo_3

秋田で取れたつるつる順菜
Photo_4

さらだ 中身はその日によって変わります
Photo_5

炊きたて あきたこまち
Photo_6

燻りがっことちょろぎ
Photo_7

きりたんぽ汁
Photo_8


Img2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 8日 (木)

豪華ランチの中身は? 7月11日が待ちきれない!!

脂の載った 夏鰰 焼き魚御膳
Img_1


Photo

これを焼き魚に! 眩しいぐらいに脂の乗った夏のハタハタ
Photo_2

鰻を地鶏卵で巻いた う巻き卵
Photo_3

秋田・男鹿の名物 ぎばさをのせた ぎばさ奴
Photo_4

あざやかさらだ
Photo_5

きりたんぽ汁
Photo_6

あきたこまち
Photo_7

燻りがっことちょろぎ
Photo_8

ゆっくりと秋田の地酒も楽しんでいってください
Img2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

劇評「父と暮せば」 多くの方の熱いメッセージに支えられ、7月11日も上演 豪華ランチ付

まずは、改めて公演のチラシを掲載
02


02_2


7月7日付の河北新報の朝刊で 「父と暮せば」ロングランの劇評が掲載されました。

20100707karu


また、新聞などに載ることのないお客様からのアンケート=劇評 もこれまでに沢山の方に書いていただき、
次回公演への大きなアドバイスになっています。

アンケートの一部を紹介させていただきます。

・目の前でのお芝居に引き込まれ、あっという間の80分でした。娘の美津江さんが幸せに結婚され、生きていてよかったと思える人生をきっと送っていると思いました。

・初めて劇を身近で観ることができ、感動しました。友人や家族にも紹介したいと思います。

・映画では見ていたのですが、生の舞台の迫力に圧倒されました。とても感動しました。涙があふれて困りました。

・大きな舞台での公演で感じるものと違って、大変素直に心に響くものを強くしました。演技も全くクサクなく、よそのお宅にお邪魔した茶の間で、父娘の会話(それも真に迫った)を聴いている、という思いでした。


劇場へ来て下さった皆さんに支えてもらって、このロングランは回を追うごとに、演出家が予想していた以上の出来栄えになってきました。

ご来場の皆様、本当にありがとうございます。

残りの公演 5ステージ
大切に演じます。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »