« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月30日 (水)

井上ひさし「父と暮せば」 7月4日も上演いたします ランチもどうぞ

このところ飛び込みのお客様が増え、このロングランの認知度が上がったと実感。

上演のたびに井上さんが書き込んだ新たな想いを発見しています。

稽古の時から考えると何百回、それこそ完全に覚えるほど読んでいるのです。

本番になってはじめて感じ取れるニュアンスというものがあって、
井上さんの言葉に任せて動くと新たな文章の意味が現れる。

正解があるわけではないので、個々の言葉や流れの意味が、これだ!と思っても絶えず別のニュアンスの可能性も探っています。
しかし、前回の公演でも新たな発見があり、親子の関係がもっと深くにじみ出てきて、
ざわっと 何とも言えない喜びに包まれる瞬間なのでした。

7月最初の日曜日、さらに新しいニュアンスを加えた芝居になるはずです。

明日7月1日は、早朝のバスで東京へ向かうのでこのへんで。

鱚(きす)の天ぷら定食
Photo

金浦町で獲れた艶やかな鱚 敢えて生で撮影してます
Photo_2

なまはげ特製天汁
Photo_3

とんぶり奴
Photo_4

さらだ
Photo_5

燻りがっことちょろぎ
Photo_6

あきたこまち
Photo_7

きりたんぽ汁
Photo_8


Photo_10

食事の後はゆっくりと秋田の地酒を楽しめますよ
02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月24日 (木)

6月27日 旬の鰹のたたき丼 「父と暮せば」ランチ中身拝見!!

みなさま、おはようございます。こんにちは。こんばんは。おばんでがす。
今週末のランチ、驚きのその内容は!?
旬の鰹たたき丼+秋田順菜御膳

では、さっそく画像でご紹介しますぅ。

Photo


鰹のたたき丼 鰹のたたきをあきたこまちの上に贅沢に並べ
Photo_2

その上に温玉、ミョウガ、ネギ、オオバをトッピング、なまはげ特製ダレが絶品
Photo_3

秋田で取れた順菜
Photo_4

さらだ なまはげ自慢のドレッシングで
Photo_5

比内地鶏からダシを取った、絶妙な味
Photo_6

燻りがっことちょろぎ 秋田を味わうなら欠かせない
Photo_7


Photo_8

お酒も飲めますよ
Photo_9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

井上ひさし「父と暮せば」 仙台で5ヶ月 役者の役割


経験していないことは知らない。それで済ませてしまうと想像力が働かない。

知っているはずなのに忘れてしまうと同じことの繰り返し。

その事件や悲劇がなぜ起きてしまったのか。

当事者一人ひとりの暮しの中で何があったのか。

それをドラマとして記録・再生できるのは芝居である。


ことの善悪を語るだけなら芝居にする必要はない。


井上ひさしは戯曲を通して、未来に目を向けながら過去のドラマを記憶させてくれる。

「父と暮せば」 観ておかなくてはならない舞台です。


8月15日終戦記念日までロングラン。

2月から始めたロングラン、5ヶ月経ち、いよいよ残りのステージも7回になりました。

仙台市街中心部のアーケード商店街、江陽写真館裏のビル6F なまはげ仙台店 

8月8日を除く毎週日曜日、11時30分開演。絶品ランチ付!

ぜひお見逃しなく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月18日 (金)

6月20日 春の鰰は絶品!第2弾 「父と暮せば」ランチ中身拝見!!

先日 IRON MAN2 を観てきました。
何も考えずにスカッとさせてくれる映画です。
1作目よりもはるかに大規模になって、あり得ないのにそうかもしれないと思わせてしまう設定、展開、映像技術、演技力、ハリウッド恐るべし!
SFXも本当にリアルになって、しかもこれ見よがしの使い方じゃなくて、だからこそよりリアルに感じる。
役者にとってSFX撮影は何がどうなるのかわからない状況で演技をしているのにホントにそれを使い慣れているように演じている。とくにロバート・ダウニーJr.キレまくり冴えまくり、参りました。
どうやら3作目もありそうな展開。期待してます。
まだご覧になっていない方は、是非1作目を観てから劇場で2を観てください。ハマりますよ。

映画といえば、なまはげの社長も映画を作っています。『北秋時間 ~Time of the Northern Akita~』
詳しくは おおだて映像計画 http://odate-movie.jp/ でご覧下さい。
先週、社長から作品のコンセプトを聞き、これはすばらしい映画になりますよ、必ず。
これも上演が楽しみです。

さて、6月20日も超アナログで最も効率の悪い芸術=演劇 をしぶとく上演いたします。
映画と違って保存はできないし、同時に複数の場所で上演もできない。
だからこそ演劇でしかない感動に出会えるのですけど。

今週のランチ 春ハタハタのしょっつる炊き御膳
脂がのってこれぞハタハタと言える春鰰を魚のしょうゆでさっと炊きました。
うどんサラダと秋田蕗、網のものの刺身ときりたんぽ汁、あきたこまちに燻りがっことちょろぎ。
秋田のうまい!が御膳からはみ出してます。
ご覧あれ。

Photo


Imagelunch00


Hatahata


Sashimi


Udonsalada


Fuki


Gakko


Photo_2


Photo_3


Imagelunch01

「父と暮せば」inなまはげ で、心もお腹もお幸せに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月10日 (木)

6月13日 春の鰰は絶品! 「父と暮せば」ランチ中身拝見!!

6月8日、太宰治の朗読の最終日。
たくさんのお客様が仙台文学館にお越し下さいました。
「津軽」「お洒落童子」の朗読で、太宰の明るい一面を感じていただけたようで、
会場からくすくすと笑いが沸いておりました。
私自身も今回の朗読で太宰好きになったようです。

Photo_10


さて、今週末の公演のランチ、中身拝見!

ハタハタ(鰰)って卵を食べるだけの魚だと思ってませんか?
なまはげの親方によると
卵をお腹にもつ前のハタハタの身は脂がのってておいしいのだそうです。
ハタハタを焼き魚で食べるなら、この時期が一番なのですってぇ!

なので、画像のハタハタは敢えて焼く前の脂ののったのものを撮影しました。
ちょっとドキッとしますが、目の玉が新鮮さを物語ってるんですよぉ。

春鰰(はるハタハタ)焼き魚御膳
Photo

春鰰 脂がのってます 敢えて焼く前の生を撮影
Photo_2

網のものの刺身 とれたての魚を使うので画像と違う場合があります
Photo_3

とんぶり 畑のキャビアをやっこに乗せて
Photo_4

さらだ なまはげ特製ドレッシングで
Photo_5

きりたんぽ汁 比内地鶏からとったスープで
Photo_6

燻りがっことちょろぎ 秋田といえばこれ!
Photo_7

あきたこまち
Photo_8


Photo_9

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年6月 3日 (木)

6月6日のお料理拝見!「父と暮せば」 ロングランも後半戦に突入

2月13日から続けている「父と暮せば」 ロングランも後半戦となりました。

沢山のお客様にお越しいただきありがとうございました。

残り10回のステージをさらに良いものにしていきますので、

観劇してくださった方、まだご覧になってない方、

井上ひさし「父と暮せば」inなまはげに ぜひお越しください。

それでは今週のなまはげ特製ランチ拝見!!


海老天玉子巻き刺身御膳

Photo


大振りの海老を天婦羅に、さらにダシ巻き卵で包んで贅沢に食べやすく
Photo_2


その日釣れた魚を使った刺身 (写真とは内容が変わります)
Photo_3


きりたんぽ汁 比内地鶏のガラよりバツグンの旨味を引きだした自慢の極上スープです。
Photo_4


くろも 今の時期にしか取れないもずくの王様
Photo_5


燻りがっことちょろぎ
Photo_6


あきたこまち
Photo_7

Photo_8


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »