« 2008年11月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月30日 (水)

10/3より「父と暮せば」 唯一の被爆国の国民として観なくては

なまはげでのオープニング公演は無事終了。

来ていただいたお客様のアンケートを見ると・・・。

初めて芝居を観て感動した。

役者の息づかいが肌に伝わり、感激した。

役者と同じ高さで見ることで「ドーンと!!」心に伝わって来ました。素晴らしかった。

今回の企画に賛同します。仙台発祥の文化を広げてゆきましょう。

素晴らしかったです。表情に惹きつけられました。次回も必ず観に来ます。

仙台に名優あり。心の財産をありがとうございました。

などなど、たくさんの感想を頂戴いたしました。ありがとうございました。

本当に沢山のお客様にご来場いただき、まことにありがとうございました。

さて、10月3日からはいよいよ「父と暮せば」が開演です。

10月3日(土)から、毎週土曜日、午後1時開演。

上演時間は80分。途中休憩はありません。

開場は、仙台地物屋 炉だん  http://www.hotpepper.jp/strJ000742996/?vos=nhppalsaz09032301

宮城県仙台市青葉区国分町2丁目15−2
022-265-9542

チケット代はワンドリンクとおつまみが付いて 3,000円

今、核を取り巻く環境が変わりつつあり、日本は改めて非核三原則を貫くようですが、

唯一の被爆国として、その国民として、知っておかなければならないことがあるはずです。

井上ひさしのこの戯曲はすでに8ヶ国語に翻訳され世界中で読まれ、上演されています。

被爆を経験し、そのなかで生きた、生き残った人間の心の交流を、あくまでも明るく切なくおりあげたヒロシマの物語

1時間を越える上演をお店で上演するのは初の試み。

チケットのご予約は022-265-9542(炉だん)、090-6620-6210(有限会社ラック)で承っております。

画像をクリックすると大きな画像が表示され、下が欠けることがあります。そのときは画像を保存してからご覧下さい。お手間をかけますが、よろしくお願いいたします。

Photo Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月16日 (水)

仙台オフブロードウェイパフォーマンス、チケットはお早めに!

役者をやっていてもなかなか食えない。

正直なところ、食えるのは5%が良いところでしょう。

好きなことをやっているのだからしょうがないでしょうといわれ続けて、

一般の方から見るとそうなのかもしれませんが、

やっぱり食えないのはツライ。

普通の商売でもそうですが、お客様が喜ぶもの、美味しいといってくれるもの、

幸せになった、役に立った、そうなって初めて商品が必要とされて売れ始める。

芝居も必要とされなければならない。

芸術性の押し売りではいけないし、反対に売れるものばかり作っていてもしょうがない。

でも、まずは食えるように、特に地方都市では役者は厳しいですから。

演劇はマイナーです。

だからまず手にとって食べてもらうまでが大変です。

そして美味しいと思わせなきゃならない。手抜き無く、妥協無く、思い込み無く。

その試みはずっと仙台でやってきて・・・

その集大成として今年企画したのが今回のロングランです。

チラシの画像を載せました。

詳しくはそちらをご覧下さい。

クリックすると大きく表示されますが、画面設定によってははみ出して全てが見れない場合があります。そのときは、大きく表示された画面を保存してからご覧下さい。

Photo_10 Photo_12 Photo_13 Photo_14

仙台オフブロードウェイパフォーマンスとは

仙台市街の飲食店が感動的な舞台に変わる、仙台オフブロードウェイパフォーマンス。AKITA DININGなまはげ仙台店さんの協力のもと、平成20年からスタートしたLiterary Guild Theater(リタラリー・ギルド・シアター)と飲食店の新たな挑戦!
仙台オフブロードウェイパフォーマンスではこれから俳優を志す者に演技の勉強と実践の場を与えることも目的としています。演劇が必要とされる環境・演劇で食べていけるシステムを作り、力のある俳優を育て、ゆくゆくは全国の俳優が活躍の舞台を求め仙台に集まる、また観客も仙台オフブロードウェイパフォーマンスを観るために全国から集まる。まずはこの夢を実現させようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 7日 (月)

今年もロングラン。芸術の秋は、飲みながら食べながら芝居を!

久しぶりの更新です。

私のブログに訪れてくださりありがとうございます。

この季節、食欲も芸術欲も満たしたいですねぇ。

その思いを叶えてしまう企画、

題して、Sendai Off Broadway performance 2009

今年もリタラリー・ギルド・シアターは仙台市街の飲食店を劇場化

仙台オフ・ブロードウェイでは、昨年よりもさらに本格的で感動的な舞台を上演いたします。

まずは、オープニング企画のご紹介から

Sendai Off Broadway performance 2009 オープニング先行上演

上演会場 AKITA DININGなまはげ仙台店 TEL: 022-217-7077 
       仙台市青葉区一番町4-5-6パルサービル6F

Photo_4

Photo_6 2009年 9月27日(日)

 マチネ公演「父帰る」(ランチ付¥1500) 
      12時開演(開場30分前)、12時30分より解説、13時ランチ開始

 ソワレ公演「紙風船」(ワンドリンク・小料理付¥2200) 
            19時開演(開場1時間前、ドリンク・追加注文受付)、
      19時30分より解説、料理提供

    9月28日(月)

 ソワレ「父帰る」「紙風船」同時上演(ワンドリンク・小料理付¥3200)
      18時30分「父帰る」開演(開場30分前)、
           19時 解説・ワークショップ、(飲食自由・舞台転換)
      20時  「紙風船」開演
      20時30分 解説 以降飲食自由

11月1日より31日(月)まで、毎週日・月曜日に上演します。

 
チケット予約・取り扱い なまはげ仙台店 022-217-7077
            せんだい演劇公房10-BOX 022-782-7510
           (有)ラック 090-6210-6620

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年10月 »